ああ、結局は…

Trickster+をはじめて、おおよそ一年が過ぎた。
そこで、私は思った。
もうやってられない。

私生活が忙しいというのもある。

しかし…、
この繰り返される課金者優遇のキャンペーン。
この前のメンテナンスなど升放置、バグ放置で実装されたものが
イベント、150レベルのSPガチャドリルフィールド、Pvエリア…。
そして以前にも増して酷いチャットバグ。
パッチなどが韓国の開発元由来なら多少は対応が遅くても仕方がないと思っていたが。
はじめから対応する気がないのだろう…。
こんな運営に対して、最早憤りを覚えることすら疲れた。

引退するからにはアカウントも丸ごと消す。
下手に消さずに引退厨などに成り下がるつもりはない。

ネットの世界にも人間関係がある。
その人たちに相談もなく引退を決めた私は、
身勝手で薄情者と思われるだろう。

だが、もうこのゲームを続ける気にはなれない。

運営が変わればなぁ、そう思いはする。
もっとも、引退した後は完全に情報を遮断しているだろうから戻ってくるなど無理な話だが。

運営以外にも嫌気がさしたことはある。
以前、といっても2,3週間程度前の話だが。
スワンブダンジョン3でトゥースフラワーのクエストをこなしているときだ。
いきなり通りすがりの龍(おそらく70なりたてぐらいの非課金)が私に1:1会話を飛ばしてきた。
その龍「はろありますか」
エモートアイコンで太陽のエモートを表示しながらだ。
いきなり、エモートを出す人にロクな人はいないがそれよりも
いきなり知らない人に1:1で「ありますか」とはなんと不躾なのだろう。
私は半ば突き放すように、「ありません」そういった。
そうすると興味を失ったかのように、さっさと立ち去っていった。
あまりにも礼儀とか態度がなっていないので「失礼しました、ぐらい言いなさい」
そう言った。
返ってきた言葉は
「なんだおまえ」

こういった、ことに最近よく出会う…。
あくまでもこの話は一例だ。
こんなプレイヤーと同じゲームをしていると思うと、いわゆる「萎え」てしまう。


なお、撒きはライカン部屋あたりの知り合い限定でなんらかの事前告知して行う予定。
参加してくれる人は6月の頭までに「秘密の鍵」手に入れておいてね´・∀・`

正直、あの「傍から見れば馬鹿な会話なんだろうな」と思えるチャットができないのは寂しいが。

まずはサブ垢を消す準備から始めるか…
[PR]
by calm-life | 2007-05-23 18:46 | トリスタ